世界的にインプラント治療の技術は年々、進化をとげています。自分の歯を失ってしまっても諦める必要はありません。ただ、インプラント治療後も痛みが出ることもありますので個人的におすすめの鎮痛剤も紹介しておきます。

歯のレントゲン

インプラントの治療は世界的に普及していて、日本でも治療を行う歯科医院が増えています
それにともない、治療を希望する患者さんが増えています。
一度インプラントを受けると、その快適さが実感できるので、続けて行うという人も少なくありません。

インプラントは、歯を失った部分に行う治療です。
麻酔をして、歯茎を切開してから、顎の骨にチタン製のネジを埋入する手術を行い、しばらくしてから人工の歯をかぶせるという治療で、自分の歯のように噛むことができるというメリットがあります。

インプラント治療の技術は日々進化しています。
失敗がないように、事前の検査がしっかりとされ、レントゲンだけでなく、CTを撮影する歯科医院も増えています。
レントゲンは平面的にしか様子が分かりませんが、CTは三次元的な状態が術前に分かるのせ正確な治療計画を立てることができます。

ノーベルガイドで失敗のない治療ができる

また、CTを元にしてノーベルガイドを作成してから手術に入るところもあります。
ノーベルガイドとは、コンピューター上で手術のシュミレーションを行い、チタン製のネジを正確な場所に埋入できるようにするためのガイドです。
患者さんの骨の状態などを知った上で、最適な場所にねじを埋め込むので、失敗する確率を大幅に下げることができます。

そして、インプラントの技術は、患者さんへの負担をできるだけ少なくするように、歯茎を切開しなくてもいい方法などが開発されています。
手術と聞くと、怖いイメージがあるかもしれません。
インプラントの手術の場合は、1~2時間で終り、日帰りで帰ることができる内容です。

無痛治療が基本的

オッケーサインをする女性歯科衛生士

もちろん、手術前には麻酔を行うため、痛みを感じることはありません。
麻酔の針を刺す痛みも軽減するために、あらかじめ歯茎にしびれる作用のある塗り薬を塗っておく無痛治療も積極的に行われています。
無痛治療の中では、笑気ガスという、吸引すると頭がぼうっとして、緊張や痛みを感じにくくするというガスを使うこともあります。

インプラントはしたいけれども、痛みや手術が心配という場合は、相談してみましょう。
無痛治療や、患者さんへの負担が少ない方法を一緒に考えてくれます。
骨の状態や、残っている歯によって、治療法歯患者さんごとに異なります。
事前の検査が必要で、状態を把握しながら、患者さんの希望を聞いて治療計画を立てていくことになります。
新しい方法を積極的に導入している先生も多く、より快適な治療を実現しています。

インプラント手術できる歯科医院を探そう!

歯医者の受付

インプラント手術というのは、すべての歯科医院で扱っているわけではありません。
インプラントの技術は習得するまでに時間がかかり、高い知識も求められます。
そのため、インプラントを扱っている歯科医院は限られてきます。

自分が行っている歯科医院でインプラントができるかどうかは、先生やスタッフに聞くことで分かります。
扱っていない場合は、紹介してもらうこともできるので、ぜひ聞いてみましょう。

最先端のインプラント治療ができる東京にお住みの方は、すぐに見つかるはずです。

引越したばかりなど、どこの歯科医院に行ったらいいか分からない場合は、インターネットでホームページを探してみましょう。
多くの場合、インプラントを行っていることがホームページに書かれています。
中には、ホームページを持たない歯科医院もあります。
そのような場合は、電話をして聞いてみるといいでしょう。

インプラント手術をするためには、麻酔だけでなく、手術に使う器具などを揃える必要があります。
この器具はメーカーによって異なるため、いくつかの治療法を扱っている歯科医院では、その分多くの器具を揃えなければいけません。
治療に使われる器具は大変高価なもので、手術前にはしっかりと滅菌をして、感染を防ぐ必要があります。

インプラントができる歯科医院の探し方

インプラント手術を安心して受けられる歯科医院を探すときは、しっかりとしたメーカーのものを扱っているかという点や、滅菌や消毒への意識が高いところを選びましょう。
インプラントは保険外治療で、歯科医院によって治療費が異なります。
そのため、つい比較しやすい価格の安いところを選んでしまいがちですが、安すぎるところは何か理由があると思いましょう。

インプラントにかかる器具や、材料費というのは決まっています。
そこに、滅菌などの費用が加わるので、治療費はある一定の額に到達してしまいます。
患者さんとしては安ければ安い方がいいと考えるかもしれませんが、安くて粗悪な材料を使うことで、長持ちしないインプラント治療を受けてしまうと、長期間持たず、やり直しになると、高額な費用が必要になってしまいます。

歯科医院の中には、手術してから3年や5年の間にトラブルがあった場合、無料で治療をしてくれる補償を行っているところもあります。
これは、技術に自信があるからこそできることです。
補償を受けるためには、定期的に検診を受けるなど、条件がありますが、安全に長くインプラントを良い状態で使うためにも、必ず検診は受けるようにしましょう。
噛み合わせやクリーニングを行ってくれます。