世界的にインプラント治療の技術は年々、進化をとげています。自分の歯を失ってしまっても諦める必要はありません。ただ、インプラント治療後も痛みが出ることもありますので個人的におすすめの鎮痛剤も紹介しておきます。

インプラント手術の一回法と二回法の違いとは?

health

失った歯はデンタルインプラントで取り戻すことができます。
現代では技術が進歩しより高度な処置方法が確立されています。

デンタルインプラントの特に大きな分類として一回法と二回法というものがあり、それぞれで手術のおおまかな流れが異なります。
これら二種類の施術方法はそれぞれメリットとデメリットをもっており、手術を受けることを考えている場合はどちらが自分にあっているのか選ぶことになります。

一回法は名前が指すように一度の手術のみで顎骨にインプラントを埋め込む施術方法を言います。
一回法では歯肉にインプラントを埋め込み、埋め込んだ物体と体が結合するまで待ち成功すれば歯となる被せものを装着します。

大きなメリットとしては手術時間が短く、施術回数も一回で済みしたがって切開を行う回数も少ないことです。
これにより患者さんの身体的な負担を大幅に減らすことができます。
また被せものを早期に装着することができ、全体的にスピーディな処置になります。

ただし短期間で施術するために二回法に比べインプラント体を骨にしっかりと埋め込まなければなりません。
また一回法のデメリットとして状況によっては感染症に感染するリスクが少し高くなってしまうこと、顎骨に問題があると施術を行えないことがあることなどが挙げられます。

これに対して二回法は二回の手術で処置を行います。
一度目の手術では基盤となるインプラント体を歯肉に埋め込み、完全にインプラントと骨が結合し安定するまで数か月待ちます。
結合したのち、二度目の手術を行います。
二度目の手術では埋まったインプラント体へパーツを装着するために再び切開を行い、次々にパーツを装着していきます。

二回法のメリットとしては一回法と異なり顎骨に多少の問題があっても施術を行えること、感染症に感染するリスクが低いことがあげられます。
一方デメリットとしては二度の手術、二度の切開があるため患者さんの身体的な負担が大きくなってしまうことです。
また二度の手術をある程度の間隔を設けて行うため実際に歯として運用できるまで一回法と比較すると時間が大きくかかってしまうことが挙げられます。
また、装着するパーツにも差があり、一回法では基盤となるインプラント体と支台となるアバットメントが結合しており、二回法ではそれらがばらばらのパーツとして機能しています。

このように一回法と二回法は方法が全く異なりますが、多くの場合歯医者さんとよく相談して決めることになります。
また、自身がどちらがよいかということも考えておくと、よりスムーズに手術へと移ることができます。